フランスのショコラトリー13店のチョコ実食評価レポート③


第1弾・第2弾に続き、フランスのショコラトリーを比較していきます❣
評価基準は、味・口溶け・買いやすさ(店舗数・スタッフや店の雰囲気・話さなくても買えるかなど)の3点✨
レポするのは、有名店として名前の知られている13店です🌸
なお、あくまでチョコレート基準で評価しているので、その他のケーキやお菓子がおいしくても、
心を鬼にして平等に「チョコだけ」で点数をつけています🍫
ケーキやお菓子がおいしい場合には、各お店の説明内でしっかり触れているので、
点数だけでなく文章の方を見ていただけたらと思います(*^^*)

今回レポートするのはこちら!
⑪SEVE(セーヴ)<日本未上陸>
⑫Philippe BEL(フィリップ・ベル)<日本未上陸>
⑬HUGO&VICTOR(ユーゴ&ビクトール)

第1弾レポ:https://milky-milky-way.com/?p=282
①JEAN-PAUL HEVIN(ジャン・ポール・エヴァン)
②ALAIN DUCASSE(アラン・デュカス)
③Jacques Genin(ジャック・ジュナン)<日本未上陸>
④PATRICK ROGER(パトリック・ロジェ)<日本未上陸>
⑤JEAN-CHARLES ROCHOUX(ジャン・シャルル・ロシュー)

第2弾レポ:https://milky-milky-way.com/?p=297
⑥BERNACHON(ベルナシオン)<日本未上陸>
⑦Frederic Cassel(フレデリック・カッセル)
⑧Sebastien Gaudard(セバスチャン・ゴダール)<日本未上陸>
⑨KARAMEL PARIS(キャラメル・パリ)<日本未上陸>
⑩HENRI LE ROUX(アンリ・ルルー)<日本未上陸>

それでは、さっそくいってみよう🌸

⑪SEVE(セーヴ)<日本未上陸>
    味:★☆☆☆☆
  口どけ:★☆☆☆☆
買いやすさ:★☆☆☆☆

こちらは、日本未上陸していないどころか、
本店は美食の街として知られるリヨンの郊外「モンドール」にあり、
他の店舗は近郊のリヨン市内にしかないので、知っている方が少ないですが、
リヨンに住む人には絶品ショコラトリーとしてよく知られるお店です!

リシャール・セーヴ氏がシェフパティシエ、
奥さまが内装やスイーツのデザインを担当しているそうで、
特にケーキは今まで見てきたパティスリーの中でも
繊細&華やか&美しい仕上がりのものばかりでした(*^^*)

ショコラは、フルーツを使ったガナッシュが多い印象。
なめらかさはありますが、口どけはほとんどありません。
あと、変わり種っぽいフレーバーはそんなに多くなく、
王道なフレーバーを選んだはずなのに
独特の臭みを感じたショコラもあって、びっくりしたものもあったけど、
カリカリのキャラメル×ナッツのショコラはとっても美味でした!
正直ベルナシオンと比べるほどではないけれど、こちらも
「高級感あふれる」というよりは「地元で愛されるお店」
タイプのお味かな??

チョコレートよりケーキが絶品だと個人的には思います✨
詳しい説明は長くなってしまったので、こちら↓
(リヨンのお菓子屋さんおすすめ4選!
 https://milky-milky-way.com/?p=318

買いやすさとしては、日本未上陸だし、
店舗もリヨンにしかないし、オンラインショップも宅配範囲がフランス国内のみなので、
かなり厳しいですが…
リヨンに旅行する際には、絶対に行ってみてほしいお店です😍

⑫Philippe BEL(フィリップ・ベル)<日本未上陸>
    味:★★★★☆
  口どけ:★★★☆☆
買いやすさ:★★★☆☆

こちらは、本店と工房はリヨン郊外・
それ以外の店舗はリヨン市内に1つだけなので、希少性の高いショコラトリー。
ただ日本のサロンドショコラには出店しているので、
知っている方は意外と多いかもしれませんね(*^^*)

フランスのショコラトリーは、チョコレートを直接段々に積み上げて
陳列してあるお店が9割以上な中、
日本のお店のように、1粒ずつ入るよう仕切られたプラスチックのトレーに
整然と並ぶ、高級感のあるショーウィンドウが印象的でした。

ひんやりした店内、高級感がありながらシンプルな内装で、
他店に比べると少し敷居が高く感じてしまうかもしれないけれど、
値段は他店と変わらないので、
日本のサロンドショコラで買うよりずーっとお手頃❣
10粒以上買って9ユーロでした✨

しかも、なんと試食にと好きなものを2粒も選ばせてくれました…❗
ミルクチョコ派なのでミルクチョコ系のショコラだけ選んで買っていたのですが、
フィリップ・ベルはダークチョコが美味しいという噂を聞いたことがあったので
ダークチョコのボンボンをいただいてみたら…

ものすごくおいしい…‼
自慢じゃないけれど苦いチョコが苦手で、
どんな有名店のチョコレートでもビターやダーク系を
おいしいと1度も思ったことないのに、何これ🙀

口の中に苦味が全く残らない!
キャラメルガナッシュとゼラニウムの2種類をいただいたのですが、
どちらもガナッシュとチョコレートの相性がばっちりで、
すっと消えていき、最後に残るのはガナッシュの余韻だけ…✨

思わず、お会計待ってもらって
ダークチョコのボンボン数種類追加購入しました😍
こんなの初めての経験…‼

ものすごい口どけ柔らか~というショコラではないです。
でも、とってもなめらかで、ガナッシュとチョコレートがよく合っていて、
噛むほどに旨みが溢れてきて、間違いなく美味しい❣

ダークチョコを美味しいと思ったのも初めてだし、
口どけがあまりないボンボンを絶品だと思ったのも初めてかも(*^^*)

チョコレートオンリーの商品展開で、
王道のプレーンやはちみつのガナッシュから、
カレーとの掛け合わせ、お花のゼラニウムやスミレを使ったショコラまで、
少し変わったものも🌸

フランス国内で3店舗しかなく、パリにも店舗がないし、
日本にも店舗がないので、買いやすいわけではないのですが、
毎年サロンドショコラに出店しているので、
気になる方は是非そちらで購入してみてください(*^^*)


⑬HUGO&VICTOR(ユーゴ&ビクトール)
    味:★★★★☆
  口どけ:★★☆☆☆
買いやすさ:★★★☆☆

買った物:フィナンシェ、ケーキ、ボンボンショコラ



日本にもパフェやスイーツのカフェなど出店しているし、
サロンドショコラにも出ているので、ご存知の方も多いかも!

フィナンシェが有名なのですが、チョコレート・ケーキ・焼き菓子など
幅広く取り扱っています。
どれも見た目からして綺麗で、パッケージもきちんとしていて、
お土産にぴったりな印象のお店でした✨

チョコレートは、フランスをはじめヨーロッパでは
ショーウィンドウにずらっとボンボンショコラが並び、
1粒ごとに買えるし、箱に好きなショコラを詰め合わせることも出来る
というスタイルなのですが、
こちらでは、ショコラは全て手帳型の箱入りで、
箱のデザインやサイズごとに入っているショコラの種類が決まっている
というスタイルなのが一風変わっているなと思いました。

ショコラには2種類あって、ガナッシュが入っているボンボンショコラ「カレ」と、
フルーツなど液体状のガナッシュが入っている半球状のショコラ「スフェール」が、
色々なフレーバーでお箱に詰められています。

カレの方は、表面に凸凹もなく美しくコーティングされていて、
味も普通に美味しいですが、他店と比べて秀でる特徴はないかな…
口どけもあまりなく、かといって⑫のフィリップ・ベルのように
噛んでいって旨味が出てくるわけでもない感じで、
サイズが大きいこともあってちょっと飽きてしまいました😅

ただ、スフェールが美味しい✨✨
半球型のショコラがパリッと割れると
フルーツを使ったピューレや濃厚なキャラメルのペーストが出てきて、
とってもジューシー😍
ピューレの味がしっかりするのにしつこさはなく、
お腹いっぱいでもついつい次に手が伸びてしまう1品でした💖

また、こちらは、フィナンシェがとってもおいしいです❗
外側はカリカリ、中はしっとりで、
バターとバニラビーンズをたっぷり使用していて濃厚なお味。
1つで満足できるサイズ感も嬉しい(*^^*)
5日経っても美味しく食べられたので、大量買いもおすすめです😉
オーブンやオーブントースターで3~4分温めると、より一層おいしいですよ😋

ちなみに、ケーキは見た目とっても綺麗なのですが、
バニラビーンズの風味が強すぎる&甘すぎて、正直苦手な味でした…😢

買いやすさとしては、パリには1店舗しかなく、
そこまで観光スポットと近い立地ではないのですが、
ボン・マルシェが近く、カフェもあるのでショッピングのついでのお茶休憩に(*^^*)
ちなみに、なんと日本には5店舗もありますし、
サロンドショコラにも毎年出店しているので、気になった方は是非そちらで✨

以上、⑪~⑬のレポートでした!

個人的には、店もパッケージも高級感あるのがいい・日本未上陸がいい・
チョコ以外のフランスらしいスイーツも欲しい・
そのためにはお店に行くためだけに時間を使えるという方には
Jacques Genin(ジャック・ジュナン)、
手頃で美味しいチョコが欲しい・甘さが強いチョコが好き・
チョコだけでバリエーションを楽しみたい・
観光やショッピングのついでに寄りたいという方には
JEAN-CHARLES ROCHOUX(ジャン・シャルル・ロシュー)、
日持ちや溶けちゃうのを心配せずチョコを持ち帰りたい・
シンプル系より可愛い系のパッケージがいい・
チョコ以外のフランスらしいスイーツやパンなども種類多く&どれも美味しいものを楽しみたい・
パリ郊外にも興味があるという方にはFrederic Cassel(フレデリック・カッセル)がおすすめ✨

ちなみに、チョコレートの味だけ(買いやすさも他の商品も加味しない)で
milky的なランキングにすると、こんな感じ😀

1位 Jacques Genin(ジャック・ジュナン)<日本未上陸>
2位 Philippe BEL(フィリップ・ベル)<日本未上陸>
3位 JEAN-CHARLES ROCHOUX(ジャン・シャルル・ロシュー)

なめらかさ・ガナッシュ・全体の味わいが上品で高級感あるのは上位2店で、
スタッフもショコラに詳しくて、店内の内装もパッケージも洗練されていて、
ギフトにもぴったりで、1粒500円とかしても納得のレベル。
ジャン・シャルル・ロシューは、とても美味しいけれど、
なめらかさや味の上品さ&高級感は上位2位に少し及ばず、
スタッフもショコラに詳しい専門家ではなく優しいパートのお母さんといった雰囲気で、
内装やパッケージも含めて「自分へのご褒美・絶品おやつ」というイメージ。
ただ値段も手頃で、味も高級ショコラトリーに全然引けを取らないので、
コスパ最強な印象でした✨

フランス国内にはまだまだショコラトリーがありますので、
時間が許す方はふらっと立ち寄って1粒ずつ食べ比べを楽しむのもおすすめです😍
楽しいフランスグルメ旅行になりますように🌸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA